1. TOP
  2. 抹茶ひつまぶし日本一弁当 名古屋だるま 愛知県のテイクアウト

抹茶ひつまぶし日本一弁当 名古屋だるま 愛知県のテイクアウト

テイクアウト この記事は約 3 分で読めます。

【最後の晩餐】抹茶ひつまぶし日本一弁当 1,620円

愛知県の名古屋だるまの抹茶ひつまぶし日本一弁当

※うなぎのタレ、薬味、抹茶の粉末が別に付いている

 

【料理について/感想】

名古屋は味噌カツや味噌煮込みうどん、手羽先とか美味しいものがたくさんありますが、ひつまぶしもその中の1つですよね。

今はうなぎも値段がかなり高騰しており、なかなか手軽には食べられなくなってきましたので、駅弁としては少し値段は高めの部類に入るのかもしれませんが、そういう意味ではかなりリーズナブルと言えるのかもしれません。

 

でもパッと写真を見た感じでは、「何がひつまぶし?」って思いますよね。僕も実際そう思いました。

うなぎが刻まれているというのはひつまぶしの1つのポイントで、それはしっかり行われてはいますが、ひつまぶしといえば一度に3度美味しいというのが最大のポイント。

 

でも、安心してください。ちゃんと、ひつまぶしなんですよ。

写真に写っていなくて申し訳ないんですが、注釈として書かせていただいた通り、薬味と抹茶の粉末が別に付いています。なので、楽しもうと思えばガッツリひつまぶしを楽しむことができます。

 

もちろんそのまま食べていただいても美味しいです。適宜薬味や抹茶の粉末をかけながら、味の変化やバリエーションを弁当箱の中だけで楽しむというのも1つの食べ方でしょう。

 

ただ、駅弁として買うことができる商品とはいえ、個人的には家に持ち帰って食べることをオススメします。駅弁の意味がかなり損なわれてしまうんですが、移動中は別の駅弁を堪能していただければと思います(笑

 

電車の中では実現はかなり難しいですが、家の中であればちょこちょこ取り分けながら食べられますし、最後にお茶漬けでしめて、ひつまぶしを十分に堪能することができます。もちろんそれが新幹線の中でできるのであれば良いですが、現実的にスペースやら何やら足りないのではないかと。

 

そう考えると、やっぱり家ですね。

肝心の味の話をあまりしていなかったんですが、ご飯にしっかりタレが絡まっているというのは個人的にポイントが高かったです。そしてうなぎはそこまで量は多くはないとはいえ、しっかり主張してきます。あとは、地味に漬け物が効いてますね。

 

今は通販でも買えるので、是非一度食べてみてください。

 

【その他写真】

愛知県の名古屋だるまの抹茶ひつまぶし日本一弁当2

 

【お店の情報】

店舗名:名古屋だるま
電話番号:052-452-2101
ジャンル:テイクアウト
住所:愛知県刈谷市寿町3丁目206番地
参考URL:http://darumabento.shop-pro.jp/?pid=22625530

\ SNSでシェアしよう! /

最後の晩餐.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最後の晩餐.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • とろけるチーズのビーフシチュー ピーターパン 千葉(船橋)のパン屋

  • プリンジャムってどう食べるのがおいしい?有効活用、使い方は?

  • 豚まん 551蓬莱 大阪のテイクアウト