1. TOP
  2. 俺のハンバーグ 俺のハンバーグ山本 東京(渋谷)の洋食店

俺のハンバーグ 俺のハンバーグ山本 東京(渋谷)の洋食店

洋食 この記事は約 3 分で読めます。

【最後の晩餐】俺のハンバーグ 1,750円

東京(渋谷)俺のハンバーグ山本の俺のハンバーグ

※みそ汁、ごはん付き

 

【料理について/感想】

日本一有名なハンバーグ店と言っても過言ではないかもしれない、俺のハンバーグ山本。

実店舗もそうですが、最近は東京駅など、エキナカのお弁当も有名ですよね。

 

昔からあるハンバーグという料理で、改めて多くの人を魅了するのって難しいと思いますし、本当に素晴らしいと思います。

 

お店にいくと色々とメニューがあって迷ってしまうんですが、なんだかんだでやっぱり看板商品の俺のハンバーグを最後の晩餐にチョイスします。

お店の名前が付いているとか、オススメしている料理には基本間違いがないですよね。そのお店で一番力を入れている可能性が高いので。

逆にその料理が微妙だということは、残念ながらお店そのものも微妙ということにつながってしまうんじゃないかと。

 

上にチーズ、中にもチーズで、肉好きだけじゃなくチーズ好きも虜にする、やみつきのこの味。そして中のチーズと外のチーズは味わいが違っていて、口の中で様々な変化を見せてくれます。

具体的に何のチーズなのかとかを語れれば良いんですが、あいにく絶対舌感とでも言うんでしょうか、そういう感覚は僕は持ち合わせていません。。。

 

ただ、お肉のしっかりとした存在感にチーズがマッチしていて、お互いを高め合っていることは感じられます。そして、間違いなく美味しいということも。

ソースにも深みがあり、ハンバーグ、そしてチーズとの相性はバツグンです。何と言っても、ご飯がススムススム。

 

さらにさりげなくお味噌汁も嬉しいんですよね。こういうお店の場合はコンソメスープだったり、そうじゃなくても何かのスープということが多い気がしますが、俺のハンバーグ山本は味噌汁。まあ、味噌スープと言えなくもないですが、日本人にとってはこの味に安心させられますし、洋食とのコラボではありますが、ハンバーグとの相性も良いです。

 

おまけとしては、付け合せの卵がピンクで可愛かったな、と。

どうやって作るんでしょうね?これ。味は正直そこまで特徴を感じませんでしたが(笑、彩りには変化を加えてくれていて、見た目にも美味しかったです。

 

【その他写真】

東京(渋谷)俺のハンバーグ山本の俺のハンバーグ2

東京(渋谷)俺のハンバーグ山本

 

【お店の情報】

店舗名:俺のハンバーグ山本 渋谷食堂
電話番号:03-6914-2941
ジャンル:洋食
住所:東京都渋谷区渋谷3-18-5 和田ビル 1F
価格帯:1,000円~2,000円
参考URL:http://www.orehan.com/shoplist/shibuya.html

\ SNSでシェアしよう! /

最後の晩餐.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最後の晩餐.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 牛カツライスセット ○が○したハンバーグ 東京壱番 渋谷店 東京の洋食店

  • てんこ盛りローストビーフ NAGOMI 東京(池袋)の洋食店

  • ハンバーグ300g カロリーハウス 東京(北府中)の洋食店

  • ラムチョップ(タレ) 下町バル ながおか屋 東京(上野)の洋食店

  • ひつじのたたき ひつじや 東京(四谷)の洋食店

  • ローストビーフ丼 ローストビーフ大野 東京(秋葉原)の洋食店