1. TOP
  2. ラベンダーポークの炙り角煮カレー スープカリー スアゲ+ 北海道(札幌)のカレー店

ラベンダーポークの炙り角煮カレー スープカリー スアゲ+ 北海道(札幌)のカレー店

カレー この記事は約 3 分で読めます。

【最後の晩餐】ラベンダーポークの炙り角煮カレー 1,150円

北海道(札幌)スープカリー スアゲ+のラベンダーポークの炙り角煮カレー

※写真はチーズ(+90円)をトッピング

 

【料理について/感想】

北海道といえば美味しいものが本当にたくさんありますよね。

いくらを始めとする海の幸はもちろん、ジンギスカンやラーメンや乳製品などなど目白押しです。そんな中で新しく北海道のグルメとして加わったのはスープカレーなんじゃないかと。

 

北海道でのブームを受けて、都内はもちろんのこと、日本各地でスープカレーを出すお店はかなり増えました。

北海道から羽ばたいて、今やメジャーなグルメとも言えるスープカレーですが、ご紹介するスアゲは北海道の中でも繁盛店として有名で、来店した日は平日にも関わらず、開店前に数名並んでいました。

 

一口にスープカレーとはいっても、メニューは色々な種類が存在します。そして、お店の一番人気は「パリパリ知床鶏と野菜カレー」だそうですが、個人的趣味で角煮カレーをチョイス。

鳥よりも、豚に惹かれました。角煮という響きも、なんとも魅惑的ですよね。

 

そして実際に食べてみたところ、もちろん角煮は裏切らないお味でした。トロトロでホロホロで。スプーンだけでも抵抗なく食べられるくらいやわらかく、カレーとの相性もバツグンでした。

 

ただ僕が驚かされるのは野菜の美味さ。そういえば北海道といえば、雄大な自然もウリの1つですもんね。

海鮮や乳製品などに意識がいっていて、すっかり忘れてしまっていました。

 

野菜は軒並み味が濃くて大ぶりで、特にじゃがいもはびっくりするぐらい甘みがありました。あれだけ大きいと大味になってしまいそうなものですが、芯までしっかり味わい深かったです。そしてそれがカレーの辛さとマッチして、スプーンが止まりませんでした。

 

ご飯にチーズをトッピングはしたものの、失礼ながら少しかすみ気味でしたね(笑。

でも角煮もチーズも差し置いて、じゃがいもの美味しさが個人的に一番衝撃で、これが最後の晩餐として推す決め手になっています。

ただもちろんそれも、全てを受け止めてくれるカレーという土台があってこそです。

 

【お店の情報】

店舗名:スープカリー スアゲ+(soup curry Suage +)
電話番号:011-233-2911
ジャンル:カレー(スープカレー)
住所:北海道札幌市中央区南四条西5-5-1 都志松ビル 2F
価格帯:1,000円~2,000円
参考URL:http://www.suage.info/

 

【その他写真】

\ SNSでシェアしよう! /

最後の晩餐.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最後の晩餐.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • トンカツカレー 上等カレー 東京(神田)のカレー店

  • ツイン海老フライカレー Onion 東京(高田馬場)のカレー屋

  • ヨーロピアン牛かつカレー 五坪 東京(池袋)のカレー店