1. TOP
  2. 生姜丼 伝説のすた丼屋 東京(池袋)の和食チェーン

生姜丼 伝説のすた丼屋 東京(池袋)の和食チェーン

和食 この記事は約 3 分で読めます。

【最後の晩餐】生姜丼 並 630円

東京(池袋)伝説のすた丼屋の生姜丼
※生卵、味噌汁付き
※ミニ丼は530円。その他、肉増し、飯増しなどあり。

 

【料理について/感想】

丼って、実は日本特有の文化なんですよね。
海外でもガパオやロコモコなど、ワンプレートの料理は色々とありますが、丼、そしてふたが付いてくるような料理というのはほとんどないみたいです。

ワンプレートでも色々な味を同時に楽しむことはできますし、これはこれで美味しいんですが、やはり丼とはまた別物です。
お行儀良くはないですが、丼を抱え込んでご飯と具材を一緒に書き込む。ご飯に味が染みているのも良いんですよね。

 

個人的に僕はカツ丼を崇拝していますが、時々無性に食べたくなる丼があります。

それは、伝説のすた丼屋の生姜丼。
あえて、すた丼ではありません。

 

何回も通っているのですた丼はもちろん、チャーハンやすたみなカレーなども食べてはいます。でも無性に食べたくなるのは生姜丼なんですよね。
生姜丼の良いところは「にんにくが強くないところ」。全く入っていないのかどうかはわかりませんw。

すた丼も美味いし中毒性はありますが、人とこれから会う時には食べられないので、「無性に」の時に対応できないんですよね。そして行き着いたのが生姜丼でした。
要は「しょうが焼き丼」なんですが、すた丼は味の染み具合が丁度良くて、そこに生卵も付いてくるので、しょうが焼きとは違った美味しさなんですよね。

 

そしてなんといっても丼。しょうが焼きのタレや卵が染みこんだご飯と一緒にかっ食らうのが、何ともたまらず好きです。
並でもボリュームは多めなので満足感も高く、定期的に食べに行ってしまいます。

こんなことを書いていたら、また「無性に」食べたくなってきた。
最後の晩餐でも、きっと同じ気持ちがこみ上げると思います。

 

【その他写真】

 

【お店の情報】

店舗名:伝説のすた丼屋 池袋店
電話番号:03-5391-1356
ジャンル:和食
住所:東京都豊島区東池袋1-22-1 GSハイム B1F
価格帯:~1,000円
参考URL:http://sutadonya.com/

\ SNSでシェアしよう! /

最後の晩餐.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最後の晩餐.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • どろ豚 喃風(なんぷう) 兵庫県(神戸)の和食店

  • うな重(竹) うなぎの小満津 東京(高円寺)の和食店

  • 熊肉の炭火焼き 柳家(やなぎや)岐阜県の郷土料理店

  • かつ重定食 とんかつ専門店かつ屋 東京(御茶ノ水)の和食店

  • 鳥玉手箱 人形町 花 東京(人形町)の和食店

  • 全部のせ肉めし 岡むら屋 東京(秋葉原)の和食屋