1. TOP
  2. 釜バターうどん小 手打十段 うどんバカ一代  香川(高松)の和食店

釜バターうどん小 手打十段 うどんバカ一代  香川(高松)の和食店

和食 この記事は約 3 分で読めます。

【最後の晩餐】釜バターうどん小 490円

香川(高松)手打十段 うどんバカ一代の釜バターうどん小
※中は590円。大は690円。

 

【料理について/感想】

香川には、本当に驚くほどたくさんのうどん屋があります。

しかもほとんどのお店が安価で食べることができる。ぶっかけや釜うどんであれば100円台、200円台なんかもザラですから、4軒はしごしたとしても、1,000円かからないこともあります。まあ、4軒食べ歩くようなお腹の余裕があるかどうかは、また別に話になってきてしまいますが。

 

どこが良いのかわからない場合でもホテルで聞いたり、あとはうどんタクシーなんていうほぼほぼお任せなサービスも存在します。

そうなるとできる限り色々なところを回りたいと思うのが人情ですが、香川のうどん店巡りには意外とも言える落とし穴があります。
それは、「早くに営業が終わる店が多いこと」。

 

実際僕はそれで若干の機会損失をしました。オープンの時間も早いんですが、大体の店は14時前に終わってしまい、場所によっては午前中で終わるところもあるようです。元々の営業時間の問題もありますが、人気店だとうどんが無くなって営業が早めに終わるなんてこともあるようですね。

さすがはうどん県と言うべきでしょうか。

 

そんな中でも救世主といえるのは、こちらの手打十段 うどんバカ一代。
なんだか最後の晩餐からのスタートというより、お店からのスタートになってしまっていますが。

ですがもちろんそこは香川で、しかも相当な人気を誇るこちらのお店。こういっちゃなんですが、どれを食べても基本的には間違いがありません。

 

その中で僕が敢えて最後の晩餐を挙げるのであれば、お店の名物にもなっている釜バターうどん。

釜玉うどんにバターと黒胡椒を加え、そこに特製の醤油をかけて頂くうどんです。醤油は「かけ過ぎ注意」と、店員さんに強く釘を刺されました。
かなり恐る恐る醤油をかけて頂きましたが、本当にかけ過ぎなくて良かったです。うどんそのものの味がまずしっかりしてますし、醤油が強すぎるとパターをあまり感じられなかったんじゃないかと。

 

しっかりかき混ぜるよりも、僕は味の変化が楽しめるように、ざっくりかき混ぜることをオススメします。何度か口に運んだ後に、混ざりきっていないうどん、たまご、バター、黒胡椒、醤油が同時に口に入ると、得も言われぬハーモニーを醸し出します。
これはきっと、最初から全部混ぜていたら味わえない美味しさではないでしょうか。

また、行きたいです。

 

【その他写真】

香川(高松)手打十段 うどんバカ一代の釜バターうどん小2
香川(高松)手打十段 うどんバカ一代の釜バターうどん小3

 

【お店の情報】

店舗名:手打十段 うどんバカ一代
電話番号:087-862-4705
ジャンル:和食
住所:香川県高松市多賀町1-6-7
価格帯:~1,000円
参考URL:http://www.udonbakaichidai.co.jp/index.html

\ SNSでシェアしよう! /

最後の晩餐.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最後の晩餐.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 生姜丼 伝説のすた丼屋 東京(池袋)の和食チェーン

  • かつ重定食 とんかつ専門店かつ屋 東京(御茶ノ水)の和食店

  • 豚野菜炒め盛りうどん 元祖 肉肉うどん 東京(東池袋)の和食店

  • ソース やきそば専門 みかさ 東京(水道橋)の和食店

  • ふく唐揚げ定食 市場食堂よし 山口県の和食店

  • うな重(竹) うなぎの小満津 東京(高円寺)の和食店