1. TOP
  2. つぶ貝ときのこのアヒージョ よなよな BEER KITCHEN 東京(赤坂)のバー

つぶ貝ときのこのアヒージョ よなよな BEER KITCHEN 東京(赤坂)のバー

バー この記事は約 3 分で読めます。

【最後の晩餐】つぶ貝ときのこのアヒージョ 780円

東京(赤坂)よなよな BEER KITCHENのつぶ貝ときのこのアヒージョ

※一緒に写ってるバゲットは別売り(200円)

 

【料理について/感想】

ヤッホーブルーイング。最近よく名前を聞きますよね。

いつの間にやら知名度が上がってきたよなよなエール。

 

でもよなよなは、ビールだけじゃないんですよね。ビールはもちろんですが、料理も美味しいよなよな BEER KITCHEN。ここではビールにピッタリな料理が各種用意されていて、非常に目移りしてしまいます。

 

そんなに色々ある中で、僕はあえてアヒージョを最後の晩餐としてご紹介します。つぶ貝とキノコというのが個人的に珍しく、かなりのヒットでした。

そういえばアヒージョも、いつの間にやら浸透している料理なんじゃないでしょうか。少し前まではそんなに名前を聞きませんでしたもんね。まあ、いつまでを「少し前」と定義するのかは、人によってそれぞれだと思いますが。

 

アヒージョはスペイン料理ですが、具材についてはマッシュルームやエビやイカなど、色々な食材で作ることができるのが魅力ですよね。しかもオリーブオイルがメインなので、比較的体に良いという。

 

お店によってはあまりアツアツじゃないんですが、よなよなはしっかりとグツグツした状態で提供されます。このグツグツした感じって、アヒージョの醍醐味とも言えますよね。

 

そしてアヒージョといえば、やっぱりバゲットが無いと始まりません。別売りではありますが、トータル1,000円はかからないし、バゲットは結構大きめです。十分に満足できますし、やっぱり美味しいオイルのためにも、バゲットを一緒に頼みましょう。

 

そういえばアヒージョの正式な食べ方は、先にバゲットにオイルを付けて食べてから、その後に具材をいただくんだそうです。

まあでも、好き勝手で良いと思いますけどね(笑。大体の人は具材を先に食べてから、バゲットをオイルにつけて食べてる気がしますけど。

 

僕はバランス良い感じで食べていきますが、大体最後にオイルが残って名残惜しい気分になります。でも、バゲットを食べ過ぎると体型的に色々不安が残りますしね。

 

ただ、食べ始めると止まらない。たまらないです。

 

【その他写真】

東京(赤坂)よなよな BEER KITCHEN1

東京(赤坂)よなよな BEER KITCHEN2

東京(赤坂)よなよな BEER KITCHEN3

 

東京(赤坂)よなよな BEER KITCHEN5

 

【お店の情報】

店舗名:よなよな BEER KITCHEN
電話番号:050-5789-3603
ジャンル:バー
住所:東京都千代田区永田町2-14-3 東急プラザ赤坂2F
価格帯:3,000円~5,000円
参考URL:http://www.yonayonabeerkitchen.com/

\ SNSでシェアしよう! /

最後の晩餐.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最後の晩餐.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • デビル・ダディ デビルクラフト 東京(浜松町)のバー