1. TOP
  2. 食べなきゃ損する!肉好きに贈る、赤身肉の最後の晩餐まとめ5選

食べなきゃ損する!肉好きに贈る、赤身肉の最後の晩餐まとめ5選

管理人より この記事は約 7 分で読めます。

2016-04-17_022319
肉、食べてますか?
肉、好きですか?

僕は、大好きです。

そんな肉大好きが贈る、「赤身肉の最後の晩餐」を5つまとめてご紹介します。

最近流行りの赤身肉

日本で肉といえば、霜降りでした。
脂の甘味というか柔らかさというか、そういうものが重宝されていたんでしょうか。

 

「食べるととろける」
「噛まなくても良い」

 

という肉を尊重する文化が、長らく続いていた気がします。
これは今も終わったわけではなく、未だに神戸牛とか松阪牛とか、美しいサシの入った肉は人気ですし、実際僕も好きです。

 

ただ、こういう状況は、海外からは冷笑されていたという噂があるんですよね。

・肉で本当に美味しいのは、赤身。
・脂を無理矢理付けるのは不健康な証拠で、脂なんかくどいだけ。
・赤身の美味しさをわからない日本人はダメだ。

みたいな話は何度か耳にしました。

 

そんなことが関係しているのかはわかりませんが、実際この頃は赤身肉を主役にしていたり、アピールするようなお店が増えた気がします。
今回はそんな赤身肉を美味しく頂ける最後の晩餐を5つ、まとめました。

 

ローストビーフ丼 レッドロック

レッドロックのローストビーフ丼
言わずと知れた、ローストビーフ丼の名店ですね。
赤身肉、ローストビーフの美味しさを再確認させてくれたこの丼は、一食の価値ありです。

 

特徴

・食べても食べても減らないくらい盛られたローストビーフ
・盛りつけ自体美しい
・かかっているヨーグルトソースがまた絶品
・量は多いのに、赤身のためあっさりしていて、女子でも大盛りをぺろりと行ける
・未だに行列が絶えない
・行列の要因は回転率の悪さかも。。。
・でも、味は絶品。

 

店舗情報

店舗名:レッドロック(Red Rock)
電話番号:03-6380-3917
ジャンル:洋食
住所:東京都豊島区高田3-11-14
価格帯:1,000円~2,000円
参考URL:http://www.rb-syuhari.com/

 

記事を読む↓
ローストビーフ丼 レッドロック 東京(高田馬場)の洋食店

 

ローストビーフ丼 ローストビーフ大野

2016-02-19 21.05.55
レッドロックは本店が神戸なので、発祥は関西なんですよね。
それに対してローストビーフ大野は秋葉原で、関東。
西と東のローストビーフ丼の両雄という感じでしょうか。

 

特徴

・盛り付けの美しさは、レッドロックに負けず劣らず
・レッドロックよりもややあっさりしているかも
・レッドロックに比べると肉の量に物足りなさを感じる
・キャベツピクルスが意外と良い味を出している
・クリームチーズのみそ漬けと山わさびという薬味があり、味の変化を楽しめる
・一緒に付いてくるスープが地味に美味い
・国産のローストビーフ丼は、早く行かないと品切れになる
・行列はできるが、時間帯による
・レッドロックに比べて回転は速い印象
・結構皆黙々と食べて、ササッと出て行く

 

店舗情報

店舗名:ローストビーフ大野
電話番号:03-3254-7355
ジャンル:洋食
住所:東京都千代田区外神田1-2-3 土屋ビルB1F
価格帯:~2,000円
参考URL:https://retty.me/area/PRE13/ARE11/SUB1102/100001239631/

 

記事を読む↓
ローストビーフ丼 ローストビーフ大野 東京(秋葉原)の洋食店

 

てんこ盛りローストビーフ 和 -NAGOMI-

2016-02-27 12.43.38
ここは、知る人ぞ知るというお店です。
そして画像を見る限りだと、これも普通のローストビーフ丼に見えるんですが、実は結構違うんですよね。

 

特徴

・ローストビーフはかなり肉厚
・ローストビーフそのものの味付けはほとんどなく、タレは別に付いてくる
・肉本来の味が楽しめる
・鉄板の石バージョンが置かれており、肉を焼ける
・生と焼いたものでバリエーションを楽しめる
・その他たまごも付いてくる
・タレ有り無し、たまご有り無し、焼く焼かないなど、無限とも思えるバリエーションが楽しめる
・ここのスープはホントに絶品。お肉がゴロゴロ
・スープにご飯を入れて、雑炊のように食べるのも良し
・地味に、サービスでくれるペットボトルの水が嬉しい

 

店舗情報

店舗名:和 -NAGOMI-
電話番号:03-3424-3020
ジャンル:居酒屋
住所:東京都豊島区上池袋1-6-8
価格帯:1,000円~2,000円
参考URL:https://nagomiro-sutobi-fu.amebaownd.com/

 

記事を読む↓
てんこ盛りローストビーフ NAGOMI 東京(池袋)の洋食店

 

ヨーロピアン牛かつカレー 五坪

2016-01-14 13.15.28
ローストビーフが続いたので、少し外してカツカレーです。
「何が赤身なのか?」と思うかもしれませんが、カツがしっかり赤いんですよ。

 

特徴

・「カレーは飲み物。」の系列店らしい
・店名はそのまま店の大きさ。かなりコンパクト
・夜は立ち飲み屋になるらしい
・どこらへんが「ヨーロピアン」かは今もってわかってない
・でも、とにかく美味い
・カツは、お願いすればしっかり火を通してくれる
・その代わり時間がかかる
・でも胃腸が弱い人はしっかり火を通した方がいいかも
・後は年配の方とか小さなお子さまも
・ちなみに普通だと30秒程度揚げるだけらしい
・カツはダブル、トリプルまである
・わさびと醤油がついてくる
・「カツカレーにわさび?」と思ったけど、悪くない
・でもわさび醤油を使う時は、カツ単体の方が良いかも
・サフランライスが地味に効いてる
・リピート必至

 

店舗情報

店舗名:五坪
電話番号:不明
ジャンル:カレー
住所:東京都豊島区東池袋1-13-2
価格帯:~2,000円
参考URL:http://retty.me/area/PRE13/ARE5/SUB501/100001228044/

 

記事を読む↓
ヨーロピアン牛かつカレー 五坪 東京(池袋)のカレー店

 

ローストビーフプレート ラムミートテンダー

2015-10-15 13.24.40
最後はやっぱりローストビーフ。
赤身=ローストビーフというイメージが固まってます。

 

特徴

・「これぞ肉!」という感じ
・とても180gとは思えないボリューム
・ローストビーフっていうかステーキみたい
・水がジョッキで出てくる
・「すいません、、お水、、」みたいなこと言わなくて良いのは嬉しい
・店名のわりに、ランチはローストビーフとローストポークのみ
・ラムとテンダーは夜に楽しむみたい
・いや、ランチでもテンダーは感じる
・ランチはローストビーフプレート一択をオススメ
・さりげないフライドチキンが心憎い
・肉の下にはびっちりフライドポテト
・炭水化物万歳
・肉は弾力がありながら、そんなに抵抗なくナイフが入っていく
・でも噛みごたえがしっかりあって、肉の旨味を楽しめる
・そのまま食べても美味しいし、ソースをかけても絶品
・さりげなくテイクアウトのコーヒーが嬉しすぎる

 

店舗情報

店舗名:ラムミートテンダー
電話番号:03-6823-1141
ジャンル:洋食
住所:東京都千代田区神田小川町3-5-3 YMUビル1F
価格帯:1,000円~4,000円
参考URL:http://r.gnavi.co.jp/srbekgmd0000/

 

記事を読む↓
ローストビーフプレート ラムミートテンダー 東京(神保町)の洋食

\ SNSでシェアしよう! /

最後の晩餐.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最後の晩餐.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • プリンジャムってどう食べるのがおいしい?有効活用、使い方は?

  • 塩豆腐がまるでモッツァレラというので、美味いのか試してみました!

  • 女子に喜ばれること間違いナシ!オシャレなカフェまとめ9選

  • イオンのピザクラスト!自宅で簡単オリジナルピザが安く作れる

  • クッキングパパに乾杯!チーズのみそ漬けを作ってみました

  • 華麗なる食卓のカレーカルボナーラを再現してみました