1. TOP
  2. 排骨(パイコー)カレー 新世界菜館 東京(神保町)の中華店

排骨(パイコー)カレー 新世界菜館 東京(神保町)の中華店

中華 この記事は約 2 分で読めます。

【最後の晩餐】
排骨(パイコー)カレー 1,200円

2015-10-09 12.17.34

※サラダ、スープ付き

【料理について/感想】
なにはともあれ、
まず最初に思いますよね。

「排骨(パイコー)って何?」
って。

少なくとも僕はそう思いました。

なかなか聞き慣れないこの料理、
排骨(パーコーとも読むらしいです)は、
豚とかの骨付きあばら肉のことだそうで。

それがいつのまにやら、
豚のあばら肉に、卵と小麦粉の衣を付けて、
油で揚げたものになったそうです。

イメージとしては唐揚げに近いかもしれないですが、
肉の切り方はとんかつのようです。

でも、パン粉は使ってないので、
とんかつほどパンチは無いというかなんというか。

いろいろ書きましたが、とりあえず美味いんですよw。

でも新世界菜館という中華料理屋なのに、
なんでカレーなのか?

実はこのお店のカレーは、
実は知る人ぞ知る名物だったりします。

「中華風カレー」ということで、
テイクアウトもできるくらいなので。

実際普通のカレーとは違い、
日本のようにルーはもったりしてますが、
おそらく片栗粉か何かを使っていて、
ルーはかなりとろみがあります。

そのおかげか冷めにくく、
アツアツのままで最後までいけるんですよね。

しかもここのカレーは値段が中々ですが、
量はかなりたっぷりです。

油断すると痛い目に遭いますが、
ガッツリ行きたい時にはうってつけなんですよね。

しかもデフォルトで半熟卵がついてますので、
味の変化も色々楽しめます。

カツカレーもあるんですが、
やっぱり僕は排骨カレーを最後の晩餐にしたいですね。

【その他写真】
2015-10-09 12.09.18

店舗名:新世界菜館
電話番号:03-3261-4957
ジャンル:中華
住所:東京都千代田区神田神保町2-2 新世界ビル
価格帯:1,000円~6,000円
参考URL:http://www.sinsekai.com/index.html

\ SNSでシェアしよう! /

最後の晩餐.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最後の晩餐.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 石焼牛すじご飯 口福 東京(東池袋)の中華

  • 麻婆チャーハン 華龍飯店 東京(神保町)の中華料理店