1. TOP
  2. 金目鯛の煮付け まんま亭 千葉県(本八幡)の和食店

金目鯛の煮付け まんま亭 千葉県(本八幡)の和食店

和食 この記事は約 3 分で読めます。

【最後の晩餐】金目鯛の煮付け 時価

千葉県(本八幡)まんま亭の金目鯛の煮付け
※食べられるかは仕入れによる
※正確な値段はわからないが2,000円前後

 

【料理について/感想】

日本人の遺伝子には、根本に魚が入っているような気がする今日この頃。

肉も良いんですが、なんだか無性に魚が食べたくなる時もありますよね。それが最後の晩餐の時だとも限らないということで、今回は最後の晩餐として魚をご紹介します。

 

魚を美味しく食べさせてくれるお店は数あれど、僕がオススメするのは本八幡のまんま亭。

まんま亭は、その界隈では有名な魚料理の店なんだそうです。初めていくと若干迷う可能性はあるかもしれません。。。

こじんまりとした作りですが窮屈ではなく、店内は清潔感にあふれていて、店主さんも気さくでくつろげます。

 

刺し身ももちろん美味しいんですが、敢えて煮付けを選びました。おそらくメニューにはなく、調理についても煮付け以外に焼いたりなんてこともできるみたいです。

一応注文する時に調理方法を聞いてくれるので。

 

煮付けにしたのも、それを最後の晩餐に選んだのも、本当に個人的な趣味ですw

とはいえ、本当に美味しいんですよ。多分生で食べても美味しいはずなので、生臭さとか全然無く、魚の旨味をしっかり味わえます。

しかも煮付けとはいえ味はくどくなく、酒のあてには最高です。

 

キンメというと、伊豆とか、千葉でももっと海沿いに行かないと、リーズナブルで美味しいものは食べられないようなイメージがありますが、この店ではリーズナブルで美味しいキンメがいただけます。

値段は時価と書いているものの、大体2,000円前後で収まります。一部ではなく、一匹まるごとで、しかも調理済みのものでこのお値段なので、なかなかリーズナブルですよね。

 

1人で全て食べきるのは、正直ちょっと大き過ぎると思うくらいです。でも美味しいので、最初はそう思ったとしても、きっとペロリといけるのではないかと。

 

そして、絶対にご飯との相性はバツグンのはずです。僕は日本酒のアテにしましたが、お酒があんまりの場合はぜひともご飯をどうぞ。

 

最後の瞬間を、しみじみキンメを突っつきながら迎えるのもオツですね。

 

【その他写真】

千葉県(本八幡)まんま亭

千葉県(本八幡)まんま亭2

 

【お店の情報】

店舗名:まんま亭
電話番号:047-379-1718
ジャンル:和食
住所:千葉県市川市南八幡4-4-7
価格帯:5,000円~6,000円
参考URL:http://www4.hp-ez.com/hp/manmatei/page1

\ SNSでシェアしよう! /

最後の晩餐.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最後の晩餐.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 究極のあじフライ定食 魚枡 東京(巣鴨)の和食店

  • モダン焼き きじ 本店 大阪(梅田)のお好み焼き店

  • どろ豚 喃風(なんぷう) 兵庫県(神戸)の和食店

  • 鳥玉手箱 人形町 花 東京(人形町)の和食店

  • 最後の晩餐のタネ 佰食屋

  • 熊肉の炭火焼き 柳家(やなぎや)岐阜県の郷土料理店